2008年9月28日 (日)

佐竹七福神巡り

冬に行くつもりだったけど行けなかった佐竹七福神巡りに行って来ました。
折しも「ときわ路パス」が使える季節になったので、当然それを利用しての水郡線の旅です。
Imgp3492  
 
 
 
 
 
今回のコースは水郡線野上原駅をスタートして常陸太田駅に到着する、総行程76kmの旅です。
 
Map  
 
 
 
 
 
 
途中はいくつも峠越えがあり、そんなに高い峠ではないですが、坂が苦手な自分としては結構辛かったですね。
Graph  
 
 
 
 
まず最初は7.7km走って「立野神社」に到着。
ここには「大黒天」が祀られています。
Imgp3498  
 
 
 
 
 
伊勢神宮とか代わりの強い神社のようです。
 
 
そして13.6km走って「大山寺」、「福禄寿」が祀られています。
Imgp3500  
 
 
 
 
 
立派な仁王門がありました。
 
 
15.0km走って「徳蔵寺」、「寿老人」が祀られています。
Imgp3505  
 
 
 
 
 
徳蔵大師と呼ばれているようですね。
 
 
15.7km走って「小松寺」、「毘沙門天」が祀られています。
Imgp3513  
 
 
 
 
 
門からの参道は林の中をかなり歩いていきました。
なんか懐かしい感じのする場所です。
 
 
11.2km走って「静神社」、「恵比須」が祀られています。
Imgp3525  
 
 
 
 
 
静神社は常陸二ノ宮だそうで格の高い神社のようです。
一宮って何処だろう??
 
 
9.9km走って「佐竹寺」、「布袋尊」が祀られています。
Imgp3532  
 
 
 
 
 
名前の由来にもなっている寺です。
 
 
最後は2.7km走って「常陸太田駅」に到着です。
 
 
七福神なのでもう一つあるわけですが、もう一つは「弁財天」が祀られている「日輪寺」、ここは八溝山の山頂下の標高800mの場所にあります。一番近い静神社から65kmも離れているのでいっしょに回るにはちょっと厳しすぎます。
・・と言うことで8月に八溝山に行ったときにしっかりとお参りしてきました。
Imgp3146  
 
 
 
  
 
ところでこの辺りは以前は「佐竹氏」の領地、江戸時代の国替えで佐竹氏は秋田に送られたそうです。
それが不服で佐竹氏は領地にいた美人を全員秋田に連れていったとの噂があります。
それが秋田美人のひとつのルーツ。
そして佐竹氏は秋田にいた美人じゃない人を水戸に送りつけたとか・・・。
水戸に美人が少ないと言われる所以だとも・・・・・・

あくまで噂ですが、思わず納得してしまいます。

2008年9月 6日 (土)

三八下北ポタリング

大人の休日倶楽部会員パスを使って青森に行ってきました。
三八上北サイクリングのつもりで行って来たのですが、結局は三八下北ポタリングになってしまいました。帰ってきた太研修やら月初の処理とかに巻き込まれてしまって一週間遅れのポタリング・レポートです。

1日目:
早朝に出て行って東北新幹線「はやて」で10時半くらいには八戸に着く計画でいたのですが、前日の天気予報では「曇り時々雨」ではなく「雨時々曇り」。元々八戸を拠点にポタリングの計画なので、これでは暇を持て余してしまうと計画変更。
かねてから乗りたいと思っていたけど、停車駅の関係で乗るチャンスのなかった「スーパーひたち」で仙台まで行くことにしました。実に30年ぶり(就職活動以来)の常磐線での仙台までの旅です。
ひたち野うしく駅を出るときは小雨、でも日立付近まで来ると少し晴れ間が出てきました。道も乾いているし・・・・・。「外しちゃったかな!!??」
Imgp3261  

 

 

仙台で乗り換えて八戸へ・・・・・
仙台駅のホームにはこんな新幹線も停まっていましたね。やまびこだけなのかな。
Imgp3265  

 

 

仙台駅発が12時半を回っていたのでまずは腹ごしらえ。
ホームの売店で「みやぎ黄金海道」なるものをゲットして車内で頂きました。
Imgp3266 Imgp3267
 

 

そして「はやて」は北へ、途中では270km/hも出ていました。
Imgp3268  

 

 

東海道は開業当時は200km/hだったので早くなったもんです。まああれから40年も経っているので当たり前ですね。

結局、2時過ぎに八戸に到着。ここまでまったく雨は降っていませんでした。
八戸で聞いても朝から降ってないとのこと。外しちゃいましたね。

自転車を組み立てたり、着替えたり、コインロッカーを探したりして、3時前にまずは今日の目的地の蕪島を目指します。

5kmちょっと走って馬淵川(まべちがわと読みます)を渡っていると、前方は明るい雰囲気の空。Imgp3271

 

 

しかし後からは真っ黒の雲が・・・・・・
Imgp3272

 

 

これはヤバいぞ。蕪島まで行ったらきっとひどいことになる。
・・と言うことで引き返すことに。
駅が近づいてくると案の定雲は濃くなるばかり・・・・
 Imgp3274

 

 

八戸駅に着くと「ピカピカ」「ゴロゴロ」が始まりました。
慌ててロッカーから荷物を出してホテルへ・・・・
ホテルについてまもなく土砂降りの雨になっちゃいましたね。セーフ!!!

Imgp3275_2  

 

 

ホテルで夕食は頼んでいなかったので、駅前の「魚河岸食堂」へ。
地酒と天然岩牡蠣、〆鯖、活ホタテのさしみ、バクライと美味しいものをいっぱいいただきました。
写真は目の毒なので省略します。

ここで偶然に日系ブラジル人の東北大の院生と知り合いになりました。
こんなところも一人旅の良い所ですね。

2日目:
天気は薄曇り。
9時前に前日のリベンジとばかりに蕪島に向かって出発。
途中で街中を通り抜けようとしていたら、親戚へのお土産を先に落としていった方が楽だなと思い、今回の目的のひとつの実家の確認に急遽変更。
Imgp3288 Imgp3292
 

 

 

地震の影響で内部の戸があっちこっち少しづつ外れていたくらいで大した被害もなし。
隣が親戚なので確認してくれてはいたのですが、どうしても鍵が開かなくて内部の確認はしてなかったようです。
外回りは網戸が外れたりしていたので治してくれていました。
そうこうしているうちに「昼をいっしょに食べていけ」ってことで車に乗って八戸駅の近くの八食センターへ・・・・。
ここでおいしい寿司を頂きました。
「生ウニ」って頼むと「ムラサキですか馬糞ですか」。
さすがに八戸ですね、ウニにもバリエーションがあります。

食べた後、親戚の人たちと別れて再び蕪島を目指します。
ほとんど振り出しに戻った感じですね。

途中、親族ゆかりのお地蔵さんにお参りし
Imgp3296  

 

 

そのまま港まで。

そこからは海沿いに「八太郎大橋」「八戸大橋」と渡っていきます。
Imgp3297 Imgp3303
 

 

 

「八戸大橋」を渡って港に入ると蕪島が見えてきます。
Imgp3306  

 

 

しかし、右側の高台の方は雲に隠れつつあります。どうやら霧のようです。
Imgp3307  

 

 

そして念願の蕪島にやっと到着。2日がかりで到着ですね。道のりは長かったなぁ。
Imgp3308  

 

 

春から夏にかけてはウミネコだらけなのですが、季節外れかほとんどいませんでした。
Imgp3311  

 

 

蕪島神社の清めの水場はこんな感じ。ウミネコですね。
Imgp3314  

 

 

次は蕪島を後にして種差海岸を目指します。
途中には葦毛崎の展望台。
Imgp3323  

 

 

この辺りではかなり霧が出てきました。
Imgp3324  

 

 

そして程なく種差海岸に到着。
Imgp3325  

 

 

この葦毛崎が三陸海岸の北の端くらいに当ります。ここより北は下北半島までなだらかな海岸線になります。

とりあえず目的は達成。ホテルに戻ることにしました。
・・・しかしこの後、大事件が・・・・

市内を通り抜け、再び馬淵川を渡る直前に後から「パーン」。
あっ、パンクだ。
・・・と思ったらタイヤの側面がカギ形に裂けていました。

チューブを交換して、裏側からあるものをいろいろ使ってパッチを当てて、軽めに空気を入れて5kmくらいの道のりをおそるおそる走って何とかホテルに帰還しました。

その後、近くのホームセンターで大きめのパンク修理のパッチを買ってきて2枚重ねで補修。
まあ、何とかなるかな・・・って感じで、2日目はおしまいです。

3日目:
朝から、しとしと雨。
タイヤのこともあるので、八戸を走るのは断念したけど、このまま帰るのも悔しいので、雨が降っていない下北半島に行くことにしました。
八戸から輪行で「スーパー白鳥」で野辺地へ。
Imgp3329 Imgp3332
 

 

 

そこで乗り換えて大湊線で終点の大湊へ。
ここでお昼を食べて帰ることにしました。
帰る列車は今来た列車が折り返して行った次の列車。なんと3時間も次の列車が来ないことになります。
タイヤのこともあるのでのんびりポタでもと思い走り始めます。

途中で猫の集団に出会い、
Imgp3336  

 

 

海上自衛隊の前を通っていくと、今度は航空基地。
いろんなのが屋外展示されていました。
Imgp3339 Imgp3341

 

 

ここでタイヤを確認すると、何とかなり膨れて来ています。
Imgp3348  

 

 

やはりあのパッチでは小さいと言うか甘かったようです。
これ以上先に行くのはちょっと危険。・・と言うことで引き返すことにしました。

帰りも海上自衛隊の前を通り
Imgp3352  

 

 

駅前に到着。
Imgp3355  

 

 

時間はまだ十分あるので食事をするところを探したけど何処も閉まっていました。
やっと開いていたラーメン屋さんを発見。まあ仕方ないか。

次の駅までなら何とか走れるかと思って、店の人に聞くと2kmくらいとのこと。
でもここから乗った方がいいよとのアドバイス。

来るときはほとんどの人が交通が便利なので「下北駅」で降りるそうです。
でも帰るときは座るために「大湊駅」から乗る人が多いそうです。
野辺地まで1時間かかりますからね。
実際、列車到着前になると大湊駅では駅の外までの長い行列が出来ていました。

そんな訳で近くの港あたりをぶらぶらと・・・・
武士が上陸したところ
Imgp3356  

 

 

やウミネコを見ながらひまつぶし
Imgp3358  

 

 

タイヤの方も更に膨れてきてもう限界です。
Imgp3359  

 

 

走行していると列車の時間じゃないのに踏切の音。
どうやら臨時と言うかイベント列車のようです。
Imgp3373  

 

 

長い行列が来たときには出来ていたので早めに駅に行き輪行の準備。
待合室に入ったら、奥に少しだけ赤い絨毯が。
何かなと思っていたら、どうやら列車の時間に合わせて「津軽三味線演奏会」が行われているようでした。
3曲ほど演奏がありました。

さて、後は帰るのみ。
野辺地からはデッキまでぎっしりの「スーパー白鳥」。
八戸で一本前のに乗れるタイミングだったので乗車変更しようとしたら満席でNG。予定通りの「はやて」で帰ることにしました。「はやて」や「こまち」は全車指定なんですよね。ちょっと不便。

八戸駅のこの風景が好きです。
Imgp3379  

 

 

改札の中の待合室からの風景はまるでヨーロッパの駅の感じです。

そして晩ご飯はこれ
Imgp3384 Imgp3385

 

 

 

そう言えは今回は、生ウニ丼やいちご煮を食べなかったなあ。

おしまいです。

2008年8月24日 (日)

雨が降る前に小貝川

天気予報では3時くらいから雨。
医者からはスポーツが一番の治療です。特に自転車はいいですよ。
・・・・とおだてられてしまったので、普段なら安全を見て出掛けないことが多いのですが走りに行って来ました。

お供は超久しぶりのトライク。
きっと今年になってからは一度も乗っていなかったと思います。Imgp3216  

 

 

自宅を出発して、まずは谷田部へ
なじみのショップが支店を出すというのでどんな感じかなと思い、チョコッと探してみたけど見つからず。
国道側を走ったのできっと街の中の方かもしれません。9月開店とか行っていたのでけっこうできていると思ったのですけどね。

そして福岡堰に到着。 Imgp3215  

 

 

結構好きなところなので時々来ます。
今回は夏場ということもあったけど、川沿いの歩道や公園は結構草が伸びていましたね。
花見の季節なんかはすっきり整備されているのに・・・

福岡堰を渡って対岸に行こうとしたら向こうから車が・・・・
乗用車はすれ違えない幅なので反対側で普通は待つのですが、トライクなので見えにくかったのかな、軽自動車が突っ込んで来ました。
途中で気が付いたのか待ってくれていましたが何とかすれ違える幅でした。

水海道の桜並木を通り過ぎたあたりではもう田んぼがしっかり黄金色になっていました。
Imgp3217  

 

 

そのままずっと右岸を走っていると常磐道。下をくぐると先は砂利道。
しばらくこっち側は工事とかで走っていなかったけどそうだったよなって思い出しました。
まあ、そのまま強行突破。
堤防に登坂をギアを落して登ろうとすると後輪は結構空転。
トライクならではの光景かもしれません。

そして、お気に入りの橋に到着。
Imgp3220  

 

 

いつまでも残っていて欲しい風景のNo.1ですね。

ここも結構草が伸びていたけど橋のたもとまで行ったら車幅制限の杭が・・・・。
通り抜けれるかなと思ったら、ほんの少し足りない。
木の杭なのでグイっと押したら少し拡がり何とか通れました。

その先の橋も車幅いっぱいです。
Imgp3219  

 

 

自転車に乗って渡ったことがありますが、結構恐い橋でもあります。
いつもはそんなに水量はないけど、今日はたっぷりありました。
それがまた恐いですね。
でもトライクなので難なく通過。対岸の杭は余裕でクリアできました。

岡堰に到着。伊能さんの像があり中洲を対岸から見るのも久しぶりでした。
Imgp3222  

 

 

次に見えてきたのは、水門の開閉装置。
洒落た建物になっていました。
Imgp3223  

 

 

まあ、ここまでするほどのことはないのにって少し思いましたけどね・・・。

最後は、藤代の6号バイパスを走り牛久沼の横を通り牛久へ。
路側帯があまりないので歩道を走行、牛久に入る直前のところで旧道へ。
ここの坂が列こうきついんですよね。
ギアを最大に落として3kmくらいでのんびり登坂。
漕いでも漕いでも前に進まないけど、のんびり漕いでいるとそのうち登れるので、この辺りがトライクの良い所ですね。

商店街では店の人が外に出て「雨降ってないかな」って確かめるポーズ。
自宅に到着して程なくポツリと来ました。

ほっ!! ちょうど良かった、

結局50kmちょっとを3時間くらい。
まあ、お手軽なコースです。

2008年8月17日 (日)

筑波山系縦走

ポタと言うにはあまりにもハードですが、かねてから行って見たかった筑波山系縦走に行って来ました。

常陸七福神巡りでりんりんの筑波休憩所から風返し峠、湯袋峠、上曾峠、西光院には何回か行っているし、6月にチャレンジしたときは小町の郷から中央青年の家、朝日峠、不動峠、風返し峠、湯袋峠、上曾峠と走ったものの体調不調で真壁に下山。
結局は上曾峠から先のきのこ山方面は未知の世界。
とりあえず一気に縦走ではなくリベンジもちょっとだけ兼ねて、未知の世界の下調べに行って来ました。

どう回ろうかと悩んだ末、真壁からりんりんを岩瀬に走り、北側の板敷から山に入り上曾峠から真壁に下るコースを選択。

真壁~上曾峠の坂は300mくらいの登りになることは知っていたので、北側からならきっと少しは楽だろうしダウンヒルでフィニッシュをもくろんだ次第です。
しかしこれが大間違い・・・・・・・・


まずは岩瀬まで行き、板敷を目指します。

途中道端にはダリアが植えられていたりしてのどかな風景でした。
Imgp3180   
 
 
 

 
そして板敷の入口、こんな門構えの旧家も残っているのですね。
Imgp3181_2  
 
 
 
 

ここからは峠道、いきなり坂の登場です。
Imgp3182  
 
 
 
 
Imgp3183  
 
 
 
 
 
約40分かかって200m登りました。水は坂の手前の自販機で補給し
2本持っていたけどもう半分くらい消費。道の下を見ると湧き水を汲むところが・・・。
Imgp3185  
 
 
 
 
これは天の恵みだと補給。

そして更に坂は続きます。
やっと坂の頂上の加波山登山口に到着。この辺りは標高530m。
Imgp3187  
 
 
 
 
 
板敷からは4.8km、標高差440m。
平均勾配にして9%です。途中2人のローディに遭遇。追い越していった人は誰もいません。
しかしこのタバコ神社って何だろう。気になるなぁ。
Imgp3189  
 
 
 
 
少し進むと風力発電の風車が見えてきました。
ああ、あそこまで行くんだ・・・・・
Imgp3190  
 
 
 
Imgp3192   
 
 
 
 
100mくらい下がってはまた100mくらい登るこの繰り返しです。
途中でちょっと下界が見えるところが・・・・
Imgp3193  
 
 
 

高いところにいるんだなぁ。

そうこうしているうちに水も残り半分位に、当然山を下りるまでは補給なんて出来ません。
登りながらふと横を見ると岩を伝って滴る水が・・・・・
Imgp3195  
 
 
 

またもや天の恵み・・・・しっかり補給しました。

そしてやっと風車に到着。
Imgp3201  
 
 
 
 
発電量の表示パネルがあったけど、意外と少ないなって感じ・・・
2基だし1基は止まっているし、こんなものかな・・・。

道を下ると一本杉峠の看板、ここがそうなんだ・・・
でも石岡方面は通行止め、真壁方面は砂利道、真っすぐ足尾山方面に登るしかないってことだな。

しばらく行くとまた下界が見えるところに到着。
Imgp3206  
 
 
 
 
ちょっとかすんではいるけど絶景ですね。きっと冬場は最高だな。

また少し行くとハングライダーのプラットホームが・・・・
ああ、ここからみんな飛んでいたんだ。
Imgp3208  
 
 
 
 
Imgp3209  
 
 
 
 
Imgp3210  
 
 
 
それも稜線からどちらにも飛べるようになっている。八郷の風景も真壁の風景も素晴らしかったです。
みんなが飛びたがるのも判る気がします。

きのこ山のそばにももう一ヶ所、真壁の方に飛べる場所がありました。
Imgp3211  
 
 
 
 

そしてここからは真壁まで下り。
6.3km、標高差480m、平均勾配にして7.5%、あっと言う間に真壁に到着です。

ここでふと思ったこと、南の方から来ると一番高い風返し峠で410mくらい、下りて登って上曾峠で310mくらい、きのこ山まで200mくらいの登り。
どう考えても縦走のコースとしてはこっちの方が楽そうです。
道理で追い越していった人はゼロ、すれ違った人は10人くらい。
暑い日ではあったけどみんな判っていたんですね。

しかし真壁に帰ってくると世の中の暑いこと。
500mくらいでも山の上は涼しかったです。
でも坂を水分を取りながら登ってた自分は上下ビショビショでした。
さすがに下りで全部は乾きませんでした。
さあ、今度は北の方だけでなく全コース完走にチャレンジです。
でも少し涼しくなってからがいいな。

2008年8月12日 (火)

つくばをポタポタ

今日は何となくどこかへ行こうってノリだけで出発。

まずはつくば方面へ・・・・・

2年後に職場が移転するTX研究学園に到着。

前にまだ工事中の時に通りかかっただけだったけど、すっかりきれいになっていました。

Imgp3167 

 

 

Imgp3168

 

 

 

TXの駅は元は原野の所が多い。だから町が計画的に作られていますね。

機能的かどうかは判らないけど洗練されたイメージがあります。

ごちゃごちゃしていないし・・・。

2年後、ちょっと都会で働いているような気分になるかも・・・です。

その後は何となく筑波山の方へ行ってみよう・・・・

と言うことで、筑波大を横切ってりんりんロードへ、北条まで来たところでお腹が空いたのでラーメン屋で昼食。

遅くなると雷さんが来るかもしれないので、とりあえず家の方向へ走ろうとりんりんロードを土浦方面へ。

ちょっと走ると道が濡れている。傘をもった人も歩いている。

あれ、さっき来るときは路面は乾いていたのに????

そのまま走ると路面はもっと濡れている。でも1kmほど走ると今度はすっかり乾いている。?????

どうやら食事中に通り雨があったようです。それも局地的に大雨?が・・・・

本当にピンポイントでした。

そのまま土浦まで走り、友人の奥様の妹さんの旦那が店長をやっているショップへ。

初対面でしたがプログで話したことはあったので名前は覚えていてくれました。

そしてそこで偶然にも欲しかったグローブがあったので即ゲット。

さて、後は帰るのみ・・・・・

荒川沖の旧道を走っているとこんな家が・・・

Imgp3169  

 

 

今まで全然気が付きませんでした。駅の前の街中でもまだ残っているのですね。

住人もいる感じでした・・・・

そしてその後もポタポタと・・・・・・

結局5時間半、65.5km走っていました。

2008年8月 4日 (月)

今日も里山探検

あんまり暑かったので近場でちょっと涼しいところはやっぱり里山だってことで出掛けました。

でも行先は以前からちょっと気になっていた平和の碑。

 

でもどこにあるのかははっきり判りませんでした。

おそらくこの辺りだろうと当たりをつけて里山に突入。本当に偶然って感じで見つけることが出来ました。

 

Imgp3093

Imgp3089Imgp3092

 

 

 

 

どうやら慰霊碑というよりは平和を願う意味の強い碑でしたね。もっともなくなったのは全員米兵ですし。日本人は消防団を中心に救助に行ったようです。

この辺りは大きな農家が多く、座敷林に囲まれたうちも多いです。

Imgp3094

 

 

 

里山の中に入ると、広い範囲ではないけど結構縦横無尽に里山の道はありました。

Imgp3096 Imgp3097 Imgp3098 Imgp3100

 

 

 

でも、行き止まりの道も多かったですね。

 

 

そんな中、ひとつの行き止まりの先に怪しげな箱が多数。

農家の軒先に突っ込んでしまうのかなって思っていたらそうではなく養蜂家のミツバチの巣箱がいっぱい置いてありました。ハチもいっぱいいるのが見えました。

こんなに近くでミツバチで密を取っているとはちょっと驚きでしたね。

Imgp3103 Imgp3104

  

 

 

昼もちょっと過ぎたので、その後は牛久沼経由で自宅へ。

途中の寺の駐車場ではこんな懐かしいものがありました。

Imgp3107

 

 

 

そして牛久沼ではかっぱたちが楽しそうに日向ぼっこしていました。  

Imgp3112 Imgp3113

Imgp3111_3    

    

    

 

2008年7月13日 (日)

牛久・里山探検

牛久の里山を探検に行って来ました。

Map_2  

 

 

あっちこっちに里山があるので面白いところはないかなって探しに行きました。

ちなみにこの辺りでは里山じゃなく山って呼ぶそうです。世間一般的には林なんでしょうけどそこは平坦な茨城の稲敷台地、山なんですよね。

普段走っているところはそんな山の縁、それでも自然は満載です。

Imgp2990  

こんなところですね。

 

 

でも今日はちょっと違います。

Imgp2991  

 里山縦走の入口はこんな感じ。舗装は途切れます。

 

 

Imgp2992_2 Imgp2993  

 

 こんな感じの道が続きます。

 

Imgp2996  

 そして出口はもうとても道じゃないですね。

 

そして今日のもう一つの道

Imgp3009  

入口はこんな感じ。車止めがありました。

 

Imgp3010  

これでは車は走れません。自転車でもちょっと辛かったです。

一応道は舗装路、これだけが頼りでしたね。これで行き止まりだと引き返すのは嫌だなって思いました。

 

Imgp3012 Imgp3013

開けたところに出たら道幅はこんなにあったんですね。

そして前輪はこんな感じになっていました。

 Imgp3015

 

出口と言うか、反対側の入口は通行止めになっていました。

ここまで来て思い出しました。もう何年も前ですがこの道は車で走ったことがあります。

 

里山じゃないけど牛久で好きな場所にも行きました。

Imgp3003 Imgp3001

牛久なんですが牛久らしくなく何となく北海道を感じさせる所です。

 

 

Imgp3005  

乗馬を楽しんでいる人もいました。

 

 

2008年7月12日 (土)

牛久市の境界を周回

早い話が牛久市の形のまんまに走ってきました。

Map

こんな感じで青いラインが市の境界で、赤が走ったところですね。

境界のデータだけをGPSに入れて走っていたもので、道が近くになかったり、行き止まりだったりして予定より10kmくらい多く走ったかもしれません。

それに路面の状態もいいとは限らないので今日のお供はMTBでした。

途中で完全にけもの道のようなところも発見してしまって、オフロード派としてはなかなか面白かったですね。

そんな訳で

走行距離:72km

所要時間:5時間半

しかし暑かった・・・・・・・・・・・

途中で見かけたもの

Imgp2978

 

さすがに牛久の民家ですね。こんなものが門柱の上に。

 

Imgp2979

 

こんな立派な屋敷林のある家も少なくはないですね。

 

Imgp2980

 

猛禽屋の下あたりです。自然はたっぷりとあります。

時々、猛禽類を訓練しているって噂もあります。

 

Imgp2981

 

土曜なのにポティロンの森の駐車場は閑散としています。暑いからかな。

 

Imgp2983

 

奥野小学校の校区は広いんですね。あっちこっちにバス停がありました。でも時刻表はなかったですね。

 

Imgp2984

 

圏央道の阿見東~江戸崎間の工事も順調のようですね。開通はいつだったかな。

 

Imgp2986

 

阿見東ICのそばの広大な土地。ここにアウトレットが出来るって話です。

 

Imgp2988

 

あんまり暑かったので大仏の仲見世でかき氷を頂きました。

 

 

 

Imgp2989

 

国道近くの圏央道の下のトンネル。

ここに道が出来るって話は聞いていないですけどね。

もしかするとこの辺りの山と田んぼを潰してひたち野の住宅街が延びてくるのかな?

 

2008年7月 6日 (日)

手賀沼ポタ

ご近所で自転車を始めたばかりの方がいるので、手軽に練習できるところってことで手賀沼に行って来ました。

彼がMTBってこともあり、今回のお供はMTBです。Imgp2966

 

 

Imgp2967_2

 

買ったばかりのキャノンデール、なかなかおしゃれですよ。

手賀沼は1周約20km、でも初心者の彼にはちょっときつかったようですね。

坂はまったくないのですがちょっと向かい風、距離と向かい風そして暑さが辛かったみたいです。自転車を始めた頃は誰でもそうですよね。

元々スポーツマンなのですぐにいっぱい走れるようになると思います。

手賀沼には白鳥がいます。

もっとも渡りをする白鳥ではなく留鳥のコブハクチョウですが。

ちょうど通りかかったら親子がご飯をもらっていました。

Imgp2968

このご馳走はキャットフード。栄養たっぷりらしくこの家族は他の白鳥より少し大きいらしいです。子供は1ヶ月くらいらしくとっても可愛かったですよ。

今年は1羽しか生まれなかったようで親子3羽で仲良く暮らしているようです。

 

Imgp2971

でも子供が小さいと、やはり人間社会と同じ、赤ちゃんはお母さんについていくようですね。

 

Imgp2972

後にしっかりくっついて沼に戻っていきました。去年は6羽くらい子供がいたそうで、まるでカルガモ親子のようになっていたそうです。

この場所、以前からネコたちがいっぱいいたところです。

 

Imgp2969

どうやらネコたちに餌をやっているうちに白鳥が来るようになったそうです。

ネコたちも白鳥には一目置いているようで、子供にも手を出さないようです。

なかなかほほえましい光景でした。

 

Imgp2973

ちょっと離れた場所にはこんな鳥も、顔は七面鳥のような顔しているのですけどね。

何て鳥だろう?

 

そして手賀沼の噴水。カッパのモニュメントです。

Imgp2974

残念ながら噴水はお休みでしたが、水が出ていると名付けて「カッパのフラッシュダンス」久しぶりにみたかったけど、残念でした。

Imgp7873

さて、今度は何処に連れていってあげるかな。

2008年6月28日 (土)

小貝川へポタリング

本当は筑波山縦走の旅に出ようと思ったけど寝坊してしまったし、午後から用事があるので、とりあえずしばらく行っていなかった小貝川CRに行くことにしました。

今日のお供はTSUNAMI(リカンベントです)。

いつもなら国道6号を走って文巻橋からCRに入りますが、今日は牛久沼の反対側の茎崎橋、細見橋を通り、紫水高校の裏からCRに入ります。 Imgp2943

ここには5kmって看板があるけど一体何処を起点にしているのか不明。普通なら利根川との合流地点だけど、どう考えてもそこから5kmはありえない。まあそのうち調べておきます。

そこから小貝川の左岸(海に向かって右左なんだろうな)を上流に向かいます。

二三成橋を越えると前方には通行止めのバリケードが・・・・・。

Imgp2944そう、小貝川って結構工事が多くここ数年はまともに走れません。工事が終わったらまた別の所が工事。工事のエンドレス状態ですね。

結局、堤防の下に下りて走りましたが、岡堰まで通行止めでした。

岡堰を渡り対岸に移動、ここには中洲があり1年くらい前に中洲への橋が架かりました。この辺りを公園として整備しているようです。 Imgp2949 Imgp2946 Imgp2947

中洲には古い岡堰の一部が遺稿として保存されています。

そしてこのあたりに生家のある間宮林蔵の銅像が立っています。

橋が出来る前からあったのですが中洲にわたる手段はほとんどなく、何かがあるあって感じでした。橋が出来て中州に行けるようになりやっと何があるかが判りました。

そして次の橋の稲豊橋へ。ここから上流はしばらく右岸には道路がなくなるので対岸に渡ります。

もうちょっと先まで行きたかったけど時間が余りないのでここから帰路につくことに。

Imgp2953ちょうどこの辺りは取手市とつくばみらい市の境、茨城には変な名前の市が2つあると言われているうちのひとつです。もう一つは小美玉市。 小川町、美野里町、玉里村が合併したのでこの名前です。

実はつくばみらい市はもっと複雑。つくば市の隣なのでまずは「つくば」。合併する水海道市の「み」、谷和原村の「ら」、伊奈町の「い」で「つくばみらい」です。

しかし、水海道は合併から離脱し石下町と合併し常総市に、結局残された谷和原と伊奈が合併し名前はそのまま。元もと訳がちょっと分からなかったのが、もっと判らなくなった次第です。ちなみにTX(つくばエクスプレス)の駅は「みらい平」です。

Imgp2955 そうそうしながら走っていると、この辺りでは何処の自治体もやっているコミューターバス。名前は何と「みらい号」。

まあ、これくらい徹底してやればそのうちちゃんと名前は定着するでしょうね。

・・・・・・いろいろと楽しみながら雨がポツポツし始めた頃に自宅に到着。

約2時間のポタリングでした。